グラビアロール(転造・塑性加工によるコスト削減を実現)

グラビアロール(グラビアカップロール)とは、小径のグラビアロールを使って塗工する技術です。ロールにグラビアパターンを彫刻することで基材に接着剤や塗料、磁性体等が塗工可能になります。

grabiaroll

グラビアカップロール

グラビアカップロールとは、ロール表面に連続幾何学模様を彫刻したロールのことで、フレキソ/グラビア印刷、グラビアコーティング、ラミネートコーティング等に使用されています。塗工剤・塗工量・基材・速度に合わせて、彫刻パターン・メッシュ・深さをお選び頂けます。

グラビアパターンの種類

グラビアパターンには用途によって複数の種類があります。グラビアパターンは基材や塗工液により異なりますのでご希望に合わせて、柔軟に対応させて頂きます。

グラビアピラミッド型          格子型            斜線型    kakou1

従来の彫刻方式に比べて、塑性加工を用いる事で劇的なコストダウンを可能にします。
またワイヤー式のものに比べると、耐久性も大幅に向上いたします。
→ワイヤー式の塗工ロッド(ワイヤーバー)が抱える問題点

グラビアの方式

グラビアの方式には塗工液を直接塗布する方式のダイレクトグラビアと、塗工液を間接的に塗布する方式のオフセットグラビアがあります。

ダイレクトグラビア
ポリマーグラビア印刷とも呼ばれる塗工の方法です。
レーザーにより彫刻製版し、版の全面に塗布したペーストをドクターで掻きとり、凹部に残るペーストを印刷物に直接転写して印刷を行う方法です。

オフセットグラビア
印刷部分と非印刷部分で版に高低がなく、平版印刷と呼ばれる塗工の方法です。

転造グラビア
ユーテックでは、従来のグラビア加工に加え、グラビア加工に転造技術(塑性加工)を用いる事で、従来のグラビアに比べコストを徹底的に抑えたグラビアロールの販売も開始しました。
この新技術を用いて低下価格かつ高品質なグラビアロールのご提供が可能です!

 

 

従来性の彫刻ロールと比べ、大幅なコスト削減が可能です。
転造、塑性グラビアロールについて、まずはお問い合わせください

お問い合わせ

 由利ロールのグラビアロールもよろしくね♪