従来製品 ワイヤーバーの問題点

従来のワイヤーバーは広く普及しているものの、下記のような問題点がございます。

ワイヤーバーの問題点

① ワイヤー間の目詰まり
② ワイヤーの巻きムラ
③ ワイヤー自体の円筒度・真円度不良等
④ ゴミによるワイヤーの出っ張り
⑤ ワイヤーの摩耗
⑥ ワイヤーを巻いた後、硬化処理しにくい
⑦ 隙間が円形状に限定される
⑧ ⑦より、頂部が円弧の一部のため、支持体への面圧が高くなる。

この従来製品の問題点を解決

転造加工によるコーティングロッド(UCロッド)

tenzourod

→転造加工によるコーティングロッドの詳細はこちら